amazonギフト券買取が出来なくなるワケと次の現金化方法

amazonギフト券買取は、換金率が比較的よく、手続も簡単なので人気があります。

ただ、その人気も最近では様々な規制により一時期ほどの過熱さはなくなってきました。

そもそもアマゾンジャパンがamazonギフト券の売買を問題視し、アカウントの強制停止やギフト券の無効処分などの強硬策を取り始めたことによるトラブルが多発しており、ギフト券の売り買い自体がやりにくくなりつつあります。

そうした観点から、今後amazonギフト券買取で現金化する事が出来なくなっていく可能性があります。

その大きな3つ理由を紹介しようと思います。

また、amazonギフト券買取に変わる良い現金化の方法はないかを考えてみたいと思います。

amazonギフト券買取の問題点

amazonギフト券買取は、手軽で換金率が高いため新しい現金化の方法として。

しかし、残念ながら最近徐々にamazonギフト券買取がやり難くなっている事は冒頭でも説明しました。

この大きな原因の一つとして、アマゾンジャパンがギフト券の販売をやり難くしている点と、ギフト券の行方を注視している点が挙げられます。

実際に盗難されたクレジットカードでamazonギフト券を購入しているものや、不正入手によって手に入れたamazonギフト券を売買している例もあり、アマゾンジャパンが神経質になっていることは確かです。
人気のamatenやギフティッシュなどのマッチングサイトも監視されているようですね。

犯罪に利用される

実際に盗難カードの不正利用をアマゾンが助長していると思われることは企業イメージ上好ましくありません。
今や世界の大企業にのし上がったアマゾンにとって、コンプライアンス順守というクリーンなイメージは欠かせないのです。

盗難やスキミングされたクレジットカード情報を元にamazonギフト券を購入し、それを買取サイトなどで現金に変える事で犯罪で得たお金のマネーロンダリング図が完成して今います。

このように盗難カードを換金する手段としてアマゾンが利用されることはとても受け入れがたいでしょう。
そのため、信販会社と協力してamazonギフト券の売買そのものを警戒しているのです。

クレカ現金化を幇助してしまう

また、amazonギフト券買取を野放しにするとクレジットカード現金化を助長することにもなります。
クレジットカード現金化と盗難カードの不正利用は似たような手口で、盗難カードの不正利用かと思ったらただのクレジットカード現金化だったという例も少なくありません。

どちらかと言えば需要の大半はクレジットカード現金化目的で利用するユーザーの圧倒的に多いくらいです。

このようにamazonギフト券買取はほぼ現金化目的となっているため、が当たり前の話しですが信販会社はクレジットカードの現金化行為を禁止していますし、アマゾンも約款でamazonギフト券の再販売(転売や売買)を禁止しています。

amazonギフト券買取は、信販会社にとってもamazonにとっても「不都合な事実」なのです。

売上には貢献しているけど…

amazonギフト券の売買は実際に年間かなりの取引高があるためアマゾン自体の売上には貢献しているといって良いでしょう。

実際にマッチングサイトで取引される「格安amazonギフト券」のおかげでamazonの売上が上昇していることは当のアマゾンも否定できないのではないでしょうか。

例えばマッチングサイト最大手のamatenだけでも、年間の取引高は100億円を軽く超えると言われております。

amazonギフト券買取業界全体の年間の取引額はおおよそ300~400億円を超えると予想されており、今なお増え続けているとの事です。

ただ、これだけ売り上げに貢献しているにも関わらず、Amazonギフト券売買は「邪魔者」という事は、それだけにアマゾンの売買禁止に向けた動きは本物と言えるでしょう。

詐欺などの犯罪にも利用される

上記で説明しました犯罪によって入手したamazonギフト券とは別に、詐欺によって入手したamazonギフト券というものが存在する事をご存知でしょうか。

盗難カードでamazonギフト券を購入し、素早く換金して逃げ切る詐欺師などは珍しくありません。

それ以外にも、アダルトサイトの架空請求などの支払いにamazonギフト券を利用するといった手口も多く存在しております。

このような詐欺によって入手されたamazonギフト券もマッチングサイトなどで流通している事も大きな問題の一つなのです。

盗難クレカの換金に最適

スキミングや盗難によって手に入れたクレジットカードを、amazonギフト券を使って換金する事ほど簡単なマネーロンダリングは存在しません。

そのため、外国の窃盗団などは盗難クレカの換金方法として最もベストな方法として今なおamazonギフト券の売買を行っております。

下手にブランド品を買いに行くより、ネットで操作するだけの「捕まらない」換金方法です。

数多く流通しているマッチングサイトに盗難カードで購入したamazonギフト券を出品し、うまく売り逃げればアッという間に盗難カードを換金できてしまう事が大きな問題点です。

架空請求の支払にamazonギフト券

盗難カードと同じように、アマゾンが頭を抱える問題の一つとしてアダルトサイトの架空請求問題があります。

これはどのような事かというと、非常に簡単な仕組みです。

通称ワンクリック詐欺と呼ばれるアダルトサイトにアクセスするだけで高額請求されるという詐欺サイトが存在します。

この詐欺サイトにアクセスすると、画面が切り替わり10万円前後のお金が請求がされるような詐欺が昔から横行しております。

以前までは騙された人は普通に詐欺師たちの指定口座にお金を振り込んでいましたが、今は銀行が簡単に口座を凍結する時代です。

詐欺師たちからしたら何個口座を用意してもすぐに凍結されてしまう為、お金を回収する事が出来ません。

そこで出てきたのが、詐欺に引っ掛かった人たちにamazonギフト券買わせてコード番号を送らせるという手口です。

これなら10万円の請求でも90%以上(9万円以上)で買取してもらえるamazonギフト券なら、口座が凍結される心配や費用も掛からないため、詐欺師たちの間で爆発的に流行っているマネロン術です。

これにはアマゾンもたまったもんじゃありませんね。

騙し取られた人がアマゾンにも苦情を入れるようになったようです。

警察からもアマゾンになんども問合せが入るようになり、アマゾンもさすがに見逃すことが出来ない状態になっているようです。

消費者庁も危険性をアピールしている

消費者庁もこのような事実は把握しているため、アダルトサイトの架空請求詐欺や、盗難カードによる被害に注意を呼びかけております。

テレビでもこのような手口で換金されている事が大きく報じられる時があります。

ただ、そこでは実際に名指しでamazonギフト券が危険だとは書かれておりません。

しかし、詐欺師の手口を紹介する際「大手通販のギフト券」という具合に述べられるとアマゾンとしてはイメージダウンです。

そのようなことを防ぎたいことは言うまでありません。

amazonは責任を逃れたい

アマゾンからしたら、なんの言われのない責任を逃れたいのです。

自社が詐欺師や泥棒の行為に加担するようなことが広まると、当然企業イメージは大幅にダウンします。

amazonのような世界的な大企業にとって企業イメージは大切であり、海外で「amazonは日本の犯罪に加担している」などと言われてはたまりません。

このような風潮は、amazonに限らず海外進出をしている企業に共通する認識で、amazonに限らず気にしていることなのです。

クレカ現金化を幇助する

amazonギフト券買取店は年々増加しています。

需要と供給が増えているため、商機があると判断されているのでしょう。

また、amazonギフト券買取店にamazonギフト券を売る人のそのほぼ全てはクレジットカードの現金化目的です。

いくらカード会社が現金化を止めたくても、amazonギフト券が高く売れる事、そしてそのギフト券がクレジットカードで買えてしまう状況な限り止めようがありません。

増加する買取業者

amazonギフト券買取店をネットで探すと非常に多くの業者がヒットするでしょう。

中には詐欺まがいの悪質な業者も存在するため相当注意が必要ですが、老舗と呼ばれるような優良業者であれば安心してamazonギフト券買取をしてくれます。

実際にトップクラスの業者であれば93%前後の買取率でamazonギフト券を買取ってくれます。

たしかにここまで高く買い取ってくれるのであれば、現金化目的のユーザーは非常に助かります。

多くの人が気軽に現金化してしまうのは、この換金率の高さゆえとも言えるのです。

繁盛するマッチンチングサイト

amazonギフト券買取店の多くは、買取依頼を受けたamazonギフト券をマッチングサイトに出品しています。
また、人によっては直接マッチングサイトから購入していることもあるでしょう。

週刊誌などで格安amazonギフト券を購入することができると記事になったこともあり、マッチングサイトは非常に繁盛しています。

一度大手と呼ばれる規模のマッチングサイトを見ていただくとわかるでしょうが、出品も落札も多いです。
画面を見ていると、時間帯によっては証券会社の株価ボードのように数字が常時変動しています。

供給元はクレカ現金化

こうしたamazonギフト券を供給しているのは、先ほど述べたようにクレジットカード現金化をする人たちです。
現金化業者の多くは、このような人たちから依頼されたamazonギフト券をマッチングサイトに出品しています。

先ほどクレジットカード現金化目的でamazonギフト券を購入する人が多いと述べましたが、正にその「現場」がamazonギフト券買取店であり、マッチングサイトなのです。

非難はamazonへ

このような事態になると、クレジットカード現金化で貸倒が増える信販会社は、何らかの手段でアマゾンに対し対応をして欲しいと要望するでしょう。

また、クレジットカード現金化による被害が多くなり、その主たる手段としてamazonギフト券が使われているとなれば、当然アマゾンに非難が集まります。

最近、日本で躍進を続けるアマゾンにとって、このような風潮は絶対避けたいはずです。

ギフト券を管理できない

amazonにとって、amazonギフト券の取扱量が増えることは悪いことではありません。
有効期限を今までの1年から10年に延ばしたのも、使い勝手をアップさせたいからです。

ただ、無尽蔵にamazonギフト券を発行しても、その行方が分からなければアマゾンとしても不気味でしょう。
何に使われているかわからないからです。

Amazonは大手企業というだけでなく、世界中で上場している企業です。
決算書は公開され、世界中の投資家が注目しています。

そんな会社が発行しているギフト券が管理しきれないのは上場企業として痛手でしょう。

割引発行は価値を下げる

また、いくら格安amazonギフト券がアマゾンジャパンの売上に貢献しているとはいえ、それは「安いから」利用しているにすぎません。

つまりアマゾンが安売り店として日本の人たちにインプットされてしまうのです。

単にお客さんが集まればいいというものではありません。

企業イメージが下がる

また、amazonギフト券を完全に管理できず、犯罪の手助けをしているような事態になればアマゾンのイメージが落ちることは言うまでありません。

先ほど述べたようにストレートに名前を公表しなくても、大手通販業者のギフト券といえばamazonギフト券を思い浮かべる人が圧倒的に多いでしょう。

これはアマゾンが一番恐れていることなのです。

安売り店のイメージを避けたい

そして、アマゾンは「ただの安売り店」のイメージを持たれたくないと考えています。

最近始まったファッションブランド「AT TOKYO」や大手スーパー顔負けの食品宅配の「amazonフレッシュ」、いずれもアマゾンが力を入れている分野です。

このような新規事業もアマゾンがただの安売り店だと思われてしまったら、ブランドの価値が落ちてしまうでしょう。

amazonギフト券が災いになりかねない

アマゾンにとっては、どれも大きなリスクです。
せっかくギフト需要を吸い上げようとして作ったamazonギフト券が災いの原因となってしまうのです。

結果としてamazonギフト券がアマゾンジャパンの売上に貢献していますが、アマゾンが最初からこんなことになることを狙っていたわけではありません。

アマゾンにしてみれば「不本意ながら」と言うのが本音ではないでしょうか。

amazonの対応

では、現在のこのような状況下でアマゾンはどのような対応をしているのでしょうか。

amazonギフト券購入方法の制限

まずamazonギフト券を購入する際に制限を設ける場合があります。

制限の方法は、注文してからamazonギフト券を発行するまでに時間をかけるのです。

新しいクレジットカードでamazonギフト券を注文しようとすると、場合によっては24時間以上経たないと発行されないことがあります。

現金化で急いでいる時にこのようなことをされたら致命傷ですね。

1日2日間は極端な例ですが、4時間程度遅らせることは珍しくないでしょう。
実際に誰かにamazonギフト券を送ろうとする場合は、一度利用したクレジットカードを使わないと面倒なことになりかねません。

マッチングサイト利用者への制裁

そして、最大の制限はamazonギフト券自体を凍結してしまうことです。

アマゾンには、警察などから盗難カードで購入されたamazonギフト券についてのコード番号照会があります。
先ほど述べたようにamazonは「大企業」なのでこの手のコンプライアンス的な照会にはすぐ応じるのです。

その際、盗難カードで購入されたamazonギフト券が誰かのアカウントに残っていたらすぐ凍結されます。

※実際にアマゾンから届いたメール内容

当の本人は、自分が盗んだわけでなく、マッチングサイトなどで購入したのでしょうが、いきなり利用できなくなってしまうのです。

高額なギフト券であればなおさらショックはデカいはずです。これはamazonギフト券の売買におけるかなり大きなリスクと言えるのではないでしょうか。

アカウント自体に利用停止になる可能性も高い

一部のギフト券だけが使えなくなっただけでも被害は大きいのに、更に厳しい処分が「アカウントの利用停止」です。

これは実際にマッチングサイトなどの購入している人や業者の多くが経験している都市伝説ではない事実です。

中にはamazonギフト券を活用する企業で、1000万単位のamazonギフト券残高が没収されたという恐ろしい事実もあります。

このようなアマゾンの強硬姿勢により、売る側より購入者の方がリスクを負うような事態となっているのです。

善意の第三者であるはずの購入者への配慮はありません。なぜなら、アマゾンはギフト券の売買自体も禁止しているので、買う側も規約違反という事になるためです。

クレジットカードでの購入額制限

上記の処置は現時点で行われているものですが、更に今後アマゾンはどのような処分を追加してくるのでしょうか。

最も高い可能性として、クレジットカードで購入できるamazonギフト券の金額を縮小することも考えられます。

現在は、クレジットカードで事実上無制限で購入する事のできるamazonギフト券ですが、ここに一定の制限を課すことで現金化の手段としてamazonギフト券を使えなくするのです。

このような制限をされると、さすがにamazonギフト券でクレジットカード現金化をしようとは思わないでしょうし、買取業界自体消滅しかねない事態です。

さらに事態が進めば、最終的にクレジットカードでamazonギフト券自体が買えなくなる可能性も大いに秘めているのです。

amazonギフト券市場の縮小

このように徐々に制限だらけになってきているamazonギフト券は、非常に使いづらいものになってきております。

このままの方向性でいけば、アマゾンジャパンはamazonギフト券の取り扱い自体を縮小することも考えられます。

現に、自分のアカウントに直接チャージされるタイプのamazonギフト券もあるのです。(もはやこれではギフト券ではなく、ただの料金チャージです)

現金購入であれば、最高2.5%のポイントが付く大判振る舞いもあります。

マッチングサイトであれば最大1割引で買える可能性もありますが、先ほど述べたように何のタイミングでアカウントを凍結されるとも限りません。

そんな大きなリスクを負うより、2.5%のポイントを堅くゲットした方がメリットはあると考える人は少なくないでしょう。

信販会社とデータ共有

そして、amazonは「Stop現金化」に向けて信販会社と協力しています。

クレジットカードでamazonギフト券を購入する際には、必ず金券購入という情報を信販会社に流しています。

JCBなどの大手の中には、金券購入に限定した利用限度額を設けているケースもあり、amazonギフト券や新幹線回数券などの購入を制限しているのです。

ただ、通常は加盟店が信販会社に対して、何を買ったかの情報まで送りません。

しかし、amazonは信販会社に金券を購入したとデータを送っています。
このような形で「協力」しているのです。

amazonは信販会社に協力する

このように信販会社とamazonは協力関係にあると考えた方がいいでしょう。

ご存知の通り、amazonは三井住友カードでハウスカードを発行しています。
また、他の信販会社のカード入会も「クレジットカード&保険」というカテゴリーで受け付けているのです。
JCBとはOkiDokiポイントをそのままamazonで使えたりもしています。

また、amazonはamazonギフト券の悪用を防ぎたいですし、信販会社はクレジットカード現金化を防ぎたいはずです。
両者の利害が一致していることも知っておくべきでしょう。

新規クレカは利用制限がある

また、先ほど少し述べたように新しいクレジットカードでamazonギフト券を購入するとすぐにギフト券が届きません。
特にEメールタイプのamazonギフト券はわざと届く時間を遅らせています。

クレジットカード現金化をする人は一刻も早く資金が欲しいでしょう。
そのような人に対し、せっかく購入したamazonギフト券が届く時間を遅らせれば、二度と利用しないとは思わないはずです。

情報提供

先ほど述べたようにamazonと信販会社は利害が一致しています。
そのため、amazonは信販会社に対して情報を流すでしょう。

また、決済金額が大きいと信販会社は盗難カードの不正利用かもしれないと電話確認をします。
その際にはamazonからamazonギフト券購入を予定していると情報をもらっているので、盗難カードでなければクレジットカード現金化が疑われるでしょう。

amazonマスターカードは危ない

amazonでamazonマスターカードを利用すると有利だからと、このカードをamazonで利用している人は多いはずです。

ただ、amazonギフト券の支払をamazonマスターカードですることは非常に危険と言えます。

ここまで読んでいただければお分かりの通り、amazonと信販会社は協力関係にありますが、特にハウスカードを発行している三井住友カードとの情報交換は密です。

amazonマスターカードでamazonギフト券を購入すると、たとえそれがクレジットカード現金化でなくても電話確認があると思った方がいいでしょう。

今後の現金化はどうなる?

さて、今後amazonギフト券を使ったクレジットカード現金化は一体どうなるのでしょうか。

きつくなるばかり

ここまで読んでいだければお分かりだと思いますが、規制が緩くなるとはとても考えられません。
要するに厳しくなるばかりです。

最も恐ろしい自体としては、amazonギフト券を購入しようとしてもクレジットカードでは購入できなくなる可能性もあるでしょう。

似たような現象が新幹線回数券で起きています。

みどりの窓口で新幹線回数券を大量購入しようとすると、担当者が信販会社に直接電話確認することがあるようです。

そこまでしなくても、情報を送るため信販会社が電話確認することも少なくありません。

現金化業者が安全

このようなリスクを負ってまでamazonギフト券をクレジットカード現金化の手段とするのは余り賢明ではないかもしれません。

それよりクレジットカード現金化は「プロ」に任せた方が安全とも言えるかもしれません。

要するにクレジットカード現金化業者に依頼するのです。

クレジットカード現金化業者は、amazonギフト券の買取店が増加するとともに減る傾向にありました。
利用者がamazonギフト券買取店に流れてしまったため、お客さんがいなくなったのです。

しかし、ここまでで述べたようにamazonギフト券自体をクレジットカードで購入しにくくなったため、多額の現金化をしたい人は従来の現金化業者に戻ってきました。

古株の業者が生き返る?

もともとクレジットカード現金化は、巷で言われるほど危険なことではありません。
確かに利率を計算するとビックリする数字になりますが、短期間の資金調達方法としては、こんなスピーディーな方法はありません。

古株のクレジットカード現金化業者がこれを機に生き返ることも考えられます。
結局、餅屋は餅屋と言われるように、プロに任せるのが一番です。

確かにクレジットカード現金化業者を装った詐欺師もいます。
しかし、それが危ないと思うのであれば店舗型のクレジットカード現金化業者を探せばいいのです。

リスクはプロに負ってもらおう

クレジットカード現金化にはリスクがあります。
信販会社の信頼を落してしまうと、二度と回復できません。
下手をしたら一生クレジットカードをまともに利用できない可能性だってあるのです。

そんなリスクを自分で負う必要はないでしょう。
リスクはプロに負ってもらうのが一番です。

amazonギフト券現金化は一時期大人気でした。
マッチングサイトで購入した格安amazonギフト券で「賢い主婦」が節約をしていると週刊誌などのネタにもなったほどです。

しかし、その反面「金券」であることを利用した犯罪行為も増えています。
また、信販会社からはクレジットカード現金化の手段とされていることから、amazonに対して「防止策」を講じてほしいと要請されているようです。

世界的な大企業のamazonが犯罪などに加担していると思われたら企業イメージダウンは確実です。
今後、amazonギフト券買取はどんどんやりにくくなることが予想されます。

クレカ現金化は昔のように「プロに任せる」方向に戻るのではないでしょうか。