amazonギフト券が携帯決済で買えなくなったって本当!?調べてみた!

毎月の携帯電話の利用料金に合算してお買いものが出来る『携帯キャリア決済』というものが誕生して暫く経ちますが、それを利用してamazonギフト券を購入して換金サイトにて現金化するという利用方法が一時からものすごい勢いで増加しました。

携帯キャリア決済はクレジットカードを持たない層にとって非常に利便性の高いサービスでした。

実際に毎月1日になるとキャリア決済の上限額がリセットされるとの理由で、月の初めには非常に多くのユーザーが携帯キャリア決済を利用してお買いものは勿論の事、ギフト券の購入→売却という方法などで現金を手にいれていました。

しかし今、そんな便利なキャリア決済業界に暗雲が立ち込めているようです。

PINCOMがamazonギフト券の取扱いを停止

携帯キャリア決済業者で有名なPINCOMというサイトは、携帯キャリア決済でamaozonギフト券を購入したい人が誰でも安心して利用できる正規販売店としてその名を轟かせてきたサイトです。

PINCOMで数万円分のamazonギフト券を購入して、そのamazonギフト券を買い取り業者に買い取ってもらって現金を得る、という利用の仕方が最も多いPINCOMのユーザーだったと思います。

そんな感じでいつも通り携帯決済を使ってamazonギフト券を買おうとしたら・・・

amazonギフト券が携帯キャリア決済出来なくなってる!?

う、ウソだろ。

急いでネットで調べてみると

どうやら去年2017年にamazonギフト券の携帯決済が出来なくなっているみたいです。

何回みても[対応お支払方法]の欄にはクレジットカードしか選択出来なくなっています・・・
以前まではsoftbank以外のキャリアでは携帯決済が出来ていたはずなのに!!

しかも良く見てみると、購入できるamazonギフト券の金額にも変化が。

以前は500円の少額から50000円程の金額で購入出来ていたはずが、今は最大でも5000円の商品しか購入出来なくなっています。

仮に5000円のamazonギフト券一枚を換金率90%のお店で換金してもったとして、手元に入る現金は4545円程度・・・これではどうしようもありませんよね。

ただ1万円以下の換金率が通常よりグッと下がってしまう為、80%以下だったり振込手数料が引かれたりで、実際には4,000円未満になる事が多いです。

購入制限も新たに追加されてるっぽい・・・

と、いう事で5000円分のギフト券だけじゃ全然足りないよ・・・PINCOMさん・・・

よし。こうなったら手間はかかるけど、5000円の注文を何度も注文してamazonギフト券を増やすぜ!

・・・と思ったのですが、PIMCOMでは新たに2つの制限を設けたようで、これがまた非常に我々にとって都合の悪い制度となっているのです。

1.「メールアドレス与信」

「メールアドレス与信」とは

1つのメールアドレスに対し、WebMoneyやPINCOMのご利用があった月の数に応じて、1か月のご利用金額の上限が決定されるものです。WebMoney PINCOMを長くご利用するほどに[ランク]というものが上がっていき、そのランクに応じて購入できるギフト券の上限は上がっていくようです。

これがまた若干ややこしいのですが、これは月に何回利用したかどれだけの額を利用したかは全く関係なく1か月のうちに1回でも利用すれば[利用月数=1]としてカウントされ、それが何か月あるのかというのが与信の対象となるようです。

下の表を見て欲しいのですが、簡単に言うと5万円の利用をしたい場合はランクDになる必要があり、そこまで行く条件は[利用月数=6~8]です。つまり『月に1回でもPINCOMを利用したという実績が6か月~8か月必要』という事です。

一体なんなんだこの謎ルールは・・・しかも最高ランクのAランクに行くには利用回数15(15か月)に渡る利用をしなければならない上に、その苦行を超えた後でも購入出来るギフト券は10万円分まで・・・ギフト券を換金したい時って大抵その時にまとまった金額が必要なケースがほとんどだと思いますし、ランクを上げるために毎月少額でコツコツ買う人がいたら相当な変わり者だと思います(笑)

なのでこれはPIMCOM側が間接的にユーザー達に高額なギフト券を沢山買わせない為に作ったようなルールだと思えるのは私だけでしょうか!?

利用回数とランク、利用上限の一覧は下記をご参照ください。

初めて利用するメールアドレスのご利用金額の上限は一律で「1か月に1万円まで」なので新規のユーザーは高額なギフト券を買いたくても一万円分のギフト券しか購入することが出来ません。

これは以前のPINCOMの業務形態と比べたら非常に渋いですし、ランクや利用制限などはもともと一切なかったと考えると不自由さを感じずにはいられません。

2.「メールアドレスドメイン制限」

「メールアドレス与信」制度では初めてのメールアドレスでの利用は一か月に一万円が上限ですが、それではまだまだ足りないという人は沢山いると思います。

そんな中、勘の良い人ならこう思う筈です。

複数のアドレスを作ればいいじゃん♪

さくっとgmailアカウントを10個作って、それぞれのメールアドレスで一万円分のギフト券を購入したら10万円分のamazonギフト券、ゲットだぜ!!

しかし、それを防ぐように作られた制度があります、それがメールアドレスドメイン制限です。

これは、PINCOMを利用するときにはメールアドレスの登録が必要なのですが、その際に使用できるメールアドレスの種類に制限があるという事です。

百聞は一見にしかず、利用可能なメールアドレスのドメイン一覧をご覧いただきましょう!こちらです!

PINCOMを利用する際に使用できるメールアドレスの種類は4種類

  • docomo.ne.jp
  • ezweb.ne.jp
  • i.softbank.jp
  • softbank.ne.jp

です、つまり・・・

携帯3大キャリアのアドレスのみ。

という事は、パソコン等で所謂「捨てアド」というものを作ってアドレスを増やして登録という事が出来ないのです!我々の小さな望みはこれで一瞬で潰えました・・・。

というか

携帯でギフト券が買えないのに、利用するには携帯のアドレスが必要なんですね・・・

※ちなみに、amazonギフト券以外の商品(ニンテンドープリペイドカード、プレイステーションストアチケット 、Xboxプリペイドカード)は携帯キャリア決済が可能です。

どうしてこうなった・・・俺らのPINCOMさんよ・・・

いや、docomoならamazon公式から携帯キャリア決済でギフト券が買える筈・・・!そう思い、amazonのサイトに行ってみたのですが・・・駄目!以前は選択出来ていた携帯キャリア決済の項目が綺麗さっぱり跡形もなく消えていました。

各キャリアのプリカならギフト券を買える

docomoのdプリペイドカード、auのau WALLET、softbankのソフトバンクカードなどの各キャリアカードを使えば間接的に携帯キャリア決済でギフト券を購入する事が出来ます。

それぞれのプリペイドカードはチャージしないと利用できないのですが、携帯キャリア後払いでチャージする事が出来ます。

PINCOMの支払いはVISA,マスターカードなので各キャリアのプリペイドカードはバッチリ対応しています。

この手順を挟む事で請求上は携帯後払い決済でギフト券を買った事と同じことになりますので、携帯決済が出来なくなって困っている人はすぐに申込みしましょう!プリカなので審査もないですし、1枚もっておいて損はないでしょう!

しかし先ほども説明した通り、いくらプリカに携帯チャージで何万円もチャージ出来たとしてもPINCOMでは上限が設定されているので希望通りの額のギフト券を購入するのはなかなかに困難と言えるでしょう・・・世知辛い!

フリマにギフト券はないのか?調べてみた

PINCOMがダメなら他の所でギフト券を買えばいいじゃない!私はそう思い立ち、最近何かと流行っているフリマアプリでギフト券を購入出来ないか調べてみました。

色んなものが売っているフリマアプリですから、ギフト券が売っていても何ら不思議ではありませんよね!

検索ワードは『○○(サイトの名前)+ギフト券』でみてみました!

メルカリの場合

フリマアプリとしてすっかり有名になりましたね。フリマアプリといえばメルカリ!といっても良いくらいにその利用数も知名度もNO.1に君臨するメルカリですが、ギフト券全般の出品を厳しく取り締まっているようでamazonギフトカードはおろかJCB系のギフト券すら1つも見つけることが出来ませんでした。少し前に現金の出品があったりして話題になったのも記憶に新しいですが、そのような物を徹底的に排除してクリーンなイメージを

ラクマの場合

ラクマもメルカリと同様、amazonギフト券を見つけることは現段階では出来ませんでした。

ラクマで出品違反があった場合、商品の出品が削除されるだけでなく、最悪の場合出品者のアカウント停止処分も下される事もあるようです。

とは言ったものの、amazonギフト券以外のギフト券は発見できました!しかも!支払方法に携帯キャリア決済があるではないですか!

しかも・・・

キャリア決済があるではないですか!!なぜかdocomoには対応していないのが残念ですが、それでもギフト券がキャリア決済で買えるというのは今となっては珍しいとも言えるのではないでしょうか?

amazonギフト券をあれこれ手段を駆使して買うのが面倒だという方は、ラクマからamazonギフト券以外のギフト券を購入して換金するという手もアリかもしれませんね!

やはり純粋なキャリア決済は楽ちんです!

ジモティーの場合

わずかではありますがアマゾンギフト券の出品を確認できました。

しかし、すでに取引終了のものや、商品ページが既に削除されているものも多い印象でした。

ヤフオクの場合

ここで、オークションサイト最大手のヤフオクでも調べてみました。フリマアプリで芳しくなかったので、ヤフーオークションでもやはりamazonギフト券の出品はないのでしょうか。

ありました!検索結果は29件でしたが確かにヤフオクでamazonギフト券の出品があります。

価格も千円単位のものから50000円オーバーなものまで!

これで携帯キャリア決済もあればいう事なしだったのですが、見たところ対応してないようです。でもヤフオクを使えば数万円のギフト券が買えるというのはありがたいです。

というわけでここまで色々あがいたみましたが、やはり普通に携帯キャリア決済で簡単にamazonギフト券を購入出来たあの頃がとても懐かしいです。

もうあの素晴らしい時代はやってこないのでしょうか!?

携帯決済でamazonギフト券が買えなくなった理由


どうしてこのような事になってしまったのでしょう。

PIMOCMのサイトを見てみても特に携帯キャリア決済が廃止になったお知らせも、その理由も明記されていませんし、amazon公式サイトも同様です。何も知らなかった我々からしてみたら、まさに寝耳に水の事態となっています。

しかし、本当に急に理由もなく廃止になったというよりは何となくそのような前兆はあったのではないでしょうか?

まず一番最初にsoftbankでのギフト券キャリア決済がPIMCOMで出来なくなり、au/docomoでは購入できる状態が暫く続いてからの全キャリア廃止ですから、やはり病む終えずサービスを継続する事が現状困難になってしまった何かしらの理由があるんだと考えるのが普通でしょう。

ギフト券詐欺事件が引き金になったのか?

振り込め詐欺などの悪徳な方法で電子マネーをだまし取る事件が後を絶ちません。

2018年の警察の調べによると、警察や金融機関・amazonなどのショッピングサイトの運営を装って騙す詐欺行為は増加しており、カードと暗証番号をだまし取り現金を引き出す[カード搾取型]は勿論の事、amazonギフト券などをコンビニで購入させ騙し取る[電子マネー型]は前年の2倍以上の件数になっているという。

このような詐欺が増加してるという背景もあってか、今日のギフト券業界は自主的に業務を縮小規制・自粛せざるを得ないという状況になっているのではと思われます。

ギフト券業者自体には非がないにもかかわらず、一部の犯罪者のせいで利用する我々にも不自由を被るという事態は一刻も早く無くなって欲しいですし、そのためには1件でも多くの詐欺グループの摘発が望まれますね!

そうなれば、いつの日かまたamazonギフト券が携帯キャリア決済で簡単に購入出来る未来がくる・・・かもしれません。確証はありませんが是非そうなって欲しいですよね!