セブンイレブンでamazonギフト券を買う時の注意点と方法

セブンイレブンでamazonギフト券も売っている事はご存じの方も多いと思います。

通常コンビニで金券を買うと現金支払だけですが、セブンイレブンならnanacoでも購入できます。

nanacoはクレジットカードでチャージする事が可能なので、コンビニを使ってでもクレジットカード現金化することが可能です。

amazonギフト券の換金率が最も高い業者ベスト5【最新版】

買えるタイプは二つ

nanacoを絡めれば現金化が出来るという事で、セブンイレブンでamazonギフト券を購入している人は案外多いようです。

普段からnanacoで買い物をする習慣が付いていたり、自分の支出管理をしていたりする人にとって、クレジットカードでamazonギフト券を購入するより便利だからでしょう。

セブンイレブンではamazonギフト券を結構目立つ場所に置いてあります。
通常、現金でしか購入できませんが、セブンイレブンではnanacoで購入できるので便利です。
セブンカード・プラスであればオートチャージができますし、ポイントもつきます。

特にamazonの公式サイトでギフト券を購入する必要はありません。

カードタイプ

このタイプがコンビニでギフト券を買う時のメインになります。

amazonギフト券はいろいろとタイプがありますが、カードタイプのamazonギフト券は気軽に利用できます。
3千円とか5千円とか少額ずつ購入すれば使いすぎることはないでしょう。
ちょっと大きな買い物をする際には1万円や2万円のカードを買えばいいだけのことです。

レジで有効化してもらい、自宅に帰って登録すればすぐ使えます。
昔はamazonギフト券の有効期限が1年でしたが、現在は10年になっているので、有効期限のことは事実上考える必要はありません。

バリアブルタイプがお勧め

カードタイプには「バリアプル」タイプというものがあります。
1,500円から5万円の間で自由に金額指定ができるので、買いたいモノの金額をダイレクトにamazonギフト券で買うことができます。

また、額面にない金額を指定したい場合もバリアブルタイプなら自由自在です。
例えば、3万円という金額を指定するのはバリアブルタイプでなければ無理でしょう。

セブンイレブンにバリアブルタイプのカードがあれば、このタイプが一番便利ではないでしょうか。
無駄遣いを防ぐ手段にもなります。

シートタイプ

自分だけで使うのであれば、シートタイプはもっと便利かもしれません。

シートタイプはセブンイレブンのマルチコピー機で発券します。
自分が必要な額面を選べばいいですし、カードタイプと違い登録してチャージを確認したら気軽にゴミとして捨てることができます。
ちなみにシートタイプではカードタイプではない2千円のタイプを指定することができます。

また、カードタイプは「在庫」がなければ買えませんが、シートタイプの在庫は無制限です。

nanacoポイントでも支払可能

また、他のコンビニと違いセブンイレブンではnanacoポイントでもamazonギフト券が買えます。
nanacoポイントはnanacoに交換できますが、便利であることは間違いないでしょう。

amazonギフト券を購入するという点で、セブンイレブンは他のコンビニより有利と言えそうです。

カードタイプが簡単

セブンイレブンでamazonギフト券を購入する際、先ほど述べたようにカードタイプとシートタイプがありますが、特別に事情がない限りカードタイプの方がお勧めです。

というより、シートタイプをあえて利用する理由はありません。
なぜなら、シートタイプで買える額面は殆どカードタイプでも買えるからです。
シートタイプの出番は、カードタイプが売り切れている場合だけではないでしょうか。

レジに持って行くだけ

カードタイプであれシートタイプであれ、レジで支払をしてからカードが有効化されます。
極論ですが、カードタイプのamazonギフト券を万引きしてもそのカードは使えません。
有効化されていないからです。

レジを通さないと有効化されない

このようにレジで有効化しないと利用できないため、amazonギフト券のカードタイプはセブンイレブンにとって管理がしやすいと言えます。
コンビニにとって一番の悩みは万引きですが、カードタイプのamazonギフト券であれば金額は大きくてもレジ後ろではなく、店頭に置いておくことができるのです。

シートタイプは面倒

これに対し、シートタイプは印刷する必要があります。
店内のマルチコピー機を操作しますが、特にこんなことをする必要はありません。
それより、カードをレジに持って行った方が気楽です。

シートタイプは面倒と言えるでしょう。
カードが売り切れていない限り使う必要はありません。

マルチコピー機からの払込票をレジに持って行く

シートタイプはマルチコピー機から出力された払込票をレジに持って行きます。
このシートは払込票の役割しかないので、amazonギフト券番号は記載されていません。

レジで支払をするとセブンイレブン発行のチケットをもらえます。
ここにギフト券番号が記載されているため、この番号を自分のアカウントに入力するのです。

nanacoの制約

セブンイレブンでamazonギフト券を購入すると、他のコンビニで購入するよりずいぶんと融通が利きます。
これは、nanacoが使えるという点で他のコンビニより使い勝手がいいことが理由です。

しかし、nanacoでamazonギフト券を購入する際にはメリットもありますが、そのメリットを無制限に使うことができないことも事実です。

カードを選ばずチャージできる

nanacoはチャージするだけであればクレジットカードを選びません。
そのため、本来amazon以外ではクレジットカードでamazonギフト券を購入できないはずですが、nanacoを使えば事実上クレカで購入できます。

他のコンビニではこのような事はできません。
そのため、amazonギフト券で少額のクレジットカード現金化をする方法として知られています。

チャージには制限あり

nanacoにクレジットチャージすることは可能であっても、一定の制限があります。
列挙すると…

  • チャージ上限5万円
  • 1回のチャージ上限3万円
  • 1日3回まで
  • 1か月のチャージ上限20万円

と制約があります。

つまり、クレジットカードでamazonギフト券を購入しようとする場合には、その日のうちに3万円を3回、つまり9万円までしかチャージできません。
しかも、チャージ上限が5万円なので、3万円のamazonギフト券を3回という具合に買う必要があります。

ちょっと面倒ですね。

多額の購入はできない

nanacoのクレジットチャージには、このような制約があるため、多額の購入はできません。
1万円程度の少額現金化でなければ現実的ではないのです。

ただし、amazonギフト券買取店は少額の買取は換金率を落します。
効率が悪いからです。

1万円以上の額面であれば、店頭表示の換金率が適用されることが多いのですが、5万円以下は換金率が下がるようなこともあるので注意が必要です。

5万円が限度

セブンイレブンで、nanacoを使って1度にamazonギフト券を購入しようとしても結局5万円が限度です。
買取率は5万円であれば最高買取率が適用されるでしょうが、チャージの回数制限や1回のチャージ額制限があるため、それ以上の金額の購入は難しくなります。

セブンイレブンでクレジットカード払いによりamazonギフト券を購入することは可能なのですが、一定の制約があることは知っておく必要があるでしょう。

コンビニでamazonギフト券を購入すると便利です。
通常は現金支払でしか購入できませんが、買い過ぎないように気を遣っていたり、予算を設定していたりする人はかえって好都合でしょう。

しかし、セブンイレブンではnanacoを使うことで、事実上クレジットカード支払によりamazonギフト券を購入できるのです。
ただし、この場合は、金額が少額なので多額のクレジットカード現金化には向きません。

10万円単位の現金化が必要であれば、amazonから直接amazonギフト券を購入することが必要です。