【必見】AmazonMastercardの凄すぎるメリット!知らなきゃ損!

Amazon Mastercard(アマゾン マスターカード)は、Amazonのハウスカードです。

amazon以外での利用でも1%のamazonポイントが付く点も大きな魅力の一つですが、amazonで利用すれば1.5%から2.5%のポイントが付きます。

しかもゴールドカードならamazonプライム年会費も無料です。
これだけでも結構お得に見えますが、実際はどうなのでしょうか。

確かにお得なアマゾンマスターカード

amazon Mastercardは、他のカードと比べてもかなりお得だと言われています。

まずamazonを利用する際の還元率が高くなります。
これは当たり前と言っていいでしょう。
しかし、それだけではありません。
amazon以外の店舗で利用しても還元率が高く、高還元率カードと言えます。

amazon Mastercardは文字通りマスターカードです。

VISAとMASTERは、クレジットカードが利用できる店舗であれば、ほぼすべて利用できます。
JCBやアメックスのように利用できる店舗が制限されることがないので、使い勝手も問題ありません。

還元率が高い

スーパーや通販サイトのクレジットカードは、自店舗の還元率が高くても他の店舗ではあまりメリットがない場合が少なくありません。
しかし、amazon Mastercardは、amazon以外の店舗で利用しても1%の還元率が保証されます。

この還元ポイントは自分のamazonアカウントにポイントとしてチャージされます。
ただ、それだとamazonでしか利用できないじゃないかと突っ込まれるかもしれませんね。
しかし、そもそもamazonを全く利用する気がない人はamazon Mastercardを申し込む必要がありません。

そのため、amazonポイントは事実上のキャッシュバックと考えていいでしょう。

他社のクレジットカードの還元率は平均すると0.5%程度であり、キャッシュバックの場合は0.4になることもあります。
ポイント移行であっても0.5%が平均的な数字であることと比較すれば、1%という数字の威力は大したものと言えるでしょう。

amazonで買えばもっと高い

また、amazonで利用すると、その還元率は1.5%~2.5%とグッと高くなります。
amazonプライムの会員であれば還元率は2%以上確定なのでずいぶんお得と言えるのではないでしょうか。

もともとこのクレジットカードは、amazonで買い物をする機会が多くしてもらうために作られたカードでもあります。
だからamazonユーザーであれば、この有利なamazon Mastercardで買い物をする方がいいはずです。

また、amazon Mastercardを自分のメインカードとすることでポイント還元率も高くなります。
他のクレジットカードで1%の還元率をバックしてくれるカードは多くありません。
自分が使っているクレジットカードを見直していただければ、1%という還元率の高さがよくわかるのではないでしょうか。

事実上の年会費はほぼ無料

amazon Mastercardには、一般カードの「クラシック」とゴールドカードの2種類があります。
発行しているのは三井住友カードということもあり、完全年会費無料ではありません。

しかし、1年に1度利用すれば年会費無料になります。
クラシックについては、事実上年会費無料だと言えるでしょう。

ゴールドの方がお得なのか!?

一般的にゴールドカードの方がランクが上ですが、クラシックカードと比べるとサービス面ではどちらがお得なのでしょうか?

ゴールドカードの年会費は税抜きで1万円ですが、この中にamazonプライムの年会費も含まれています。
よって、事実上約6千円の年会費でゴールドカードを利用できることになるのです。
ただ、それだけではありません。

この年会費は、三井住友カードの「マイ・ペイすりぼ」に登録をしたり、利用明細をWEB明細にしたりすることで4,320円まで下がります。

元々の年会費1万円が4,320円まで下がり、そこにamazonプライムの年会費3,900円が含まれているという事になります。
つまり、ゴールドカードの年会費は実質420円という事になります。

また、ゴールドカードなので旅行傷害保険がついていたり、国内の空港ラウンジの利用権も付いています。
利用するかどうかは別として、このサービスが年会費420円と聞けば、バーゲン価格ではないかと思いたくなるでしょう。

amazonプライムも実質無料

このようにamazon Mastercardゴールドは、amazonプライムが付いています。
クレジットカードの年会費とamazonプライムが一緒になっているため、わかりにくいのですが、先ほど説明した通りのバーゲン価格です。

amazonのヘビーユーザーにとってamazonプライムは必需品と言っていいでしょう。
そのため、amazonのヘビーユーザーはamazon Mastercardゴールドを利用する価値が非常に高いと言えます。

ただ、三井住友カードのキャンペーン適用がある際にはちょっと注意が必要かもしれません。
時期によって違いがありますが、クラシックにはキャンペーンがあり、ゴールドにはないことが多いようです。
面倒にはなりますが、一度クラシックの申込をして、その後ゴールドに切り替える方がお得と言える場合があります。

amazon利用で2.5%

そして、amazonを利用することで2.5%のamazonポイントが付く点も大きなメリットと言えるでしょう。
クラシックではamazonプライム会員でも2%の還元率ですから、ゴールドの方がお得と言えます。

ちなみに三井住友カードの「マイ・ペイすりぼ」の登録をすると、一定以上の支払がすべてリボ払いになります。
最初は低い金額しか設定されていないので、入会後に自分のカード限度額いっぱいまで支払額を引き上げることだけは必要です。

これだけで、リボ払い専用カードが一括払い専用カードに変わり、自分で操作しない限りリボ払いにはなりません。

保険もラウンジも付いています

amazon Mastercardゴールドは年会費を実質420円まで落とせ、かつ保険や空港ラウンジも使えます。
中々ここまで好条件のゴールドカードは他にないのではないでしょうか。

利用するならゴールドが断然お得です

さて、ここまで読んでいただければわかる通り、amazon Mastercardはクラシックカードよりも、ゴールドカードがお得です。

ただ、三井住友カードのキャンペーンをフルに適用したければ、クラシックからゴールドという寄り道をした方が有利かもしれませんが、ちょっと面倒なことも事実です。

どちらにせよ。クラシックのままにしておくか、又はゴールドにするかは、amazonプライムを申し込むかどうかで決まるでしょう。

amazonの利用頻度が高くなく、配送を急ぐ気もないならばクラシックでもいいでしょう。
しかしamazonの利用頻度が高ければ、amazonプライム会員になったほうが有利なのでゴールドがお勧めです。

どちらにするか迷ったら、キャンペーンのこともあるので、クラシックに入会して様子を見ればいいのではないでしょうか。

ヘビーユーザーはゴールド

このようにamazonの利用頻度が高いヘビーユーザーは、amazon Mastercardゴールドにしないとamazon利用時の還元率が違うためもったいないと言えます。

ただ、両者の違いは0.5%に過ぎず、年間10万円amazonを利用しても500円の違いです。
とはいえ事実上amazon Mastercardゴールドの年会費が420円だと考えれば、10万円を超える利用があればゴールドの利用がお勧めと言えるのではないでしょうか。

ヘビーユーザーの方であれば、確実にゴールドカードの方がお勧めと言えます。

クラシックは入会して損はない

とはいえ、クラシックが中途半端ということはありません。
amazon以外の店舗でも1%の還元があり、amazonポイントはamazonで使えます。
amazonを使わない人がこのカードを申し込むとは考えられないので、使い道がないことはあり得ません。

そう考えると、ちょっとでもamazonを利用する人ならば、amazon Mastercardクラシックに入会する価値は十分にあります。
事実上年会費無料のメリットがあるため、クレジットカードを支払手段に過ぎないと割り切る人ならこれで十分でしょう。

amazonポイントは自分のamazonアカウントに自動的に貯まるので、ポイントのことを意識する必要は一切ありません。
気遣い不要のクラシックも捨てがたい選択肢でしょう。

万人にお勧め

このようにamazon Mastercardはクラシックであれ、ゴールドであれ、万人にお勧めできると言えるでしょう。
両者の違いは、amazonの利用頻度で違うだけであり、amazonの利用が年間10万円以上ならゴールドにする価値があります。

amazon Mastercardはamazonを利用する人なら入会して後悔することがないクレジットカードだと言えるでしょう。

まとめ

amazon Mastercardクラッシックの還元率は、amazon以外の利用の場合は0.5%でした。
それが1%に上がったので、クラッシックでもメインカードとして利用するメリットが増えています。

クレジットカードの還元率は高還元率と言われるREXカードでも最高1.75%です。
一般的な買い物なら1.25%に留まります。
そう考えると、1%の還元率は高いと言えるでしょう。
amazon Mastercardはお得です。

ヘビーユーザーの方ならamazonプライムも無料になるゴールドカードの方がお勧めでしょう。
amazonの還元率が高く、amazonプライムの年会費も含まれているためです。