【必見】Amazon Payの導入方法と使い方!3つの大きなメリットとは

amazonのアカウントがあるとamazonの買い物が簡単なのは当然です。

しかし、実はこのアカウントはamazon公式サイト以外でも使えます。
自分のネットショップに「Amazon Pay」が導入されていると、注文がアッという間に終わるのです。

売上アップのツールとしても非常に有望です。

メリット1/顧客満足度が上がる

顧客満足度アップ

amazon Payを利用する1つ目のメリットとして顧客満足度が上がることが挙げられます。

amazon Payは、単に注文や決済機能をamazonのアカウントを利用するだけのものに過ぎません。
しかし、自社ではできない申込の簡単さや決済方法の多さは、今まで自社通販サイトを利用していた顧客の不満を解消するでしょう。

通販サイトはamazonなどの大手だけでなく、手数料の高さを嫌い、自社サイトを作っていることが少なくありません。
ただ、使い勝手は大手通販サイトに適わないことがほとんどです。

また、ネット通販は危険が少なくありません。
万が一個人情報やクレジットカード情報が漏えいしたら事業の停止にもつながりかねないでしょう。

簡単に注文できる

amazon Payは注文が簡単なことがメリットです。
自社で通販サイトを作ると、顧客情報をその都度入力してもらう必要があります。

2度目からは省略することも可能ですが、その場合顧客管理情報を自社で持つことになり、個人情報保護の観点からそれなりの体制を整える必要が生じるのです。

しかし、amazon Payを利用すればamazonのアカウント情報だけで注文は完了です。
amazonに登録してある支払方法で支払ができますから、お客さんも支払方法を気にする必要はありません。

クレカ決済も可能になる

自社商品を販売する際、クレジットカード決済の可否は結構重要です。
小売店などが通販を始める際、既にクレジットカード決済をしていても、店頭での決済とネット上の決済では手間とセキュリティ管理が違います。
そのため自社で通販サイトを設定することをあきらめている会社も多いようです。
中には現金支払に限定していることもあるでしょう。

しかし、それではお客さんが増えません。
amazon Payを利用することで支払方法はamazonに任せることができるため、クレジットカードはブランドを問わずすべて使えるようになります。

セキュリティ強化で買い物が安心してできる

また、自社でネット通販をすると先ほど述べたようにセキュリティ管理が大変です。
これをしっかりしようとするとかなりのコストがかかりますし、効果も限定的と言えます。

しかし、これをamazonに任せることで自社のサイトは商品紹介だけに徹することができます。
そして、世界最高級のセキュリティ対策を施しているamazonのシステムを利用することができるのです。

購入額が増える

こうすることでお客さんが買い物をしやすくなります。
また、今まで現金や振込だけに限定していたサイトであれば、クレジットカードの支払ができることで、平均購入単価が向上することが期待できるでしょう。

amazon Payの最大の効果として客単価の上昇を挙げる事業者は結構多いのです。

メリット2/手数料が半額以下

半額以下

amazon Payを利用するメリットの2つ目として、手数料が低い点が挙げられます。

amazon Payは、amazonのアカウントを自社で顧客管理情報や代金回収手段として利用することができるサービスです。
似た形の商売としてamazonで販売するamazonマーケットプレイスやFBA(フルフィルメントbyアマゾン)もありますが、単に商品を売るだけでなく、サイトで付加価値を付けたい人はこちらがお勧めでしょう。

マーケットプレイスやFBAは、amazonが販売を代行してくれるため、amazonのマーケティングに乗る形をとることができます。
ただ、手数料率が販売額の1割前後と非常に高いです。

これに対し、既に自社でネット販売を始めているのであれば、顧客の持つamazonのアカウントを利用して販売管理や代金回収だけを任せればいいのです。
amazonの手間は少ないので手数料率を低くできるのでしょう。

手数料は4%

amazon Payの手数料率は販売額の4%です。(デジタルコンテンツのみ4.5%)
先ほど少し述べたamazonマーケットプレイスは8~15%程度が相場なので、半分以下とお得でしょう。

amazonと自社で「役割分担」をしているからこそ実現した低い手数料率と言えるのではないでしょうか。

代金回収はamazonがやってくれる

amazon Payのメリットとしてamazonの決済手段を利用することが挙げられますが、言い方を変えればamazonが売上代金回収をしてくれることを意味します。
商売をしている人なら、代金回収がいかに大切で、そして手間がかかるかを知っているでしょう。

これをamazonがやってくれるのです。

変動費のみ

amazon Payの手数料はこのように販売額の4%が手数料なので、手数料を完全に変動費とすることができます。
つまり、売価を設定する際、4%上乗せすることでamazonの手数料を自社利益に影響させないようにすることができるのです。

マーケットプレイスより有利

ここまで読んでいただければお分かりでしょうが、amazon Payはamazonマーケットプレイスよりお得です。
自社で魅力的な通販サイトを作り、商品説明ができるのであれば、amazon Payを利用するメリットがかなり高いと言えるでしょう。

自由にお店を作ることができる

DIY自由に作る事が出来る

3つ目のメリットとして、自社で自由にサイトを作ることができる点が挙げられます。

amazonの品揃えは、ご存知の通り世界一です。
同じものを売っていたら勝てないことは当然で、自社オリジナル商品を売ることが大切でしょう。

ただ、自社オリジナル商品のアピールポイントは自社が一番詳しいです。
楽天の出店者は自由にサイトを作っているように見えますが、よく見ればかなりの制約があります。
楽天自体の宣伝をすることも強いられているはずです。

しかし、自社で自由にお店を作ることができるamazon Payはこんな気遣いは無用です。
サイト内でamazonの悪口を載せると問題になるかもしれませんが、自由度が非常に高いことは間違いありません。

amazonサイトは使わない

amazon Payはamazonのサイトを使いません。
そのため自社サイトで販売をすることになります。
しかし、通販サイトで一番難しいのは決済です。
amazon Payはこの決済部分を全て引き受けてくれます。

この点がamazon Payを使う最大のメリットではないでしょうか。

今までのネットショップをそのまま利用できる

そのため、今まで利用していた自社サイトはそのまま使えます。
サイト自体の見栄えをほとんど変えることはないので、利用者からすれば支払方法が便利になったとプラス面しか映らないでしょう。

ネットショップであっても「店舗」です。
外観が変わってしまうと違和感を覚えるお客さんもいらっしゃるでしょう。
外観を変えることなく、最後の決済だけ便利にできるamazon Payは非常に便利な決済手段と言えるのではないでしょうか。

新規ネットショップも自由に設計できる

もちろんこれからネットショップを始めるのであれば、自由にサイトを設計することができます。
楽天などに出店するとどうしてサイト設計に制約を受けます。
サイト自体のイメージも自分が思っているものと違う結果になってしまうことだってあるでしょう。

しかし、amazon Payは自分の思い通りにサイトを作ることができるので、商品にマッチしたイメージを顧客に与えることができます。
ネットショップの店舗はそのホームページです。
サイトデザインは店舗デザインと同じですから、設計は大切でしょう。

また、自社商品の「直売店」としてネットショップを使っている事業者の場合、売るというより広告塔としての意味合いもあるでしょう。
この場合のサイトデザインはより一層大切です。

自由に設計できて、決済も便利なamazon Payは一石二鳥と言えるのではないでしょうか。

優良店舗はamazonからの支援がある

amazon Payには「公式認定制度」があります。
簡単に言えば優良店舗は優遇されるということです。
amazon Payの新しい機能が出た際には優先的に案内されたり、パートナー企業としても優先的に紹介してくれたりします。

こんな制度があるのもamazon Payを始める一つの励みになるのではないでしょうか。

AmazonPayの導入方法

amazonpay公式サイト

導入方法は至って簡単です。

まずamazonpayの公式サイトへアクセスします。

サイト内の【販売事業者様お申込み】をクリックします。
すると、以下のような簡単な必要項目を入力する画面に切り替わるので、入力し送信します。
amazonpayの申込みフォーム
 
その後もamazonが指定するステップの入力をしていきます。
 
  • Eメールアドレスの登録とパスワードの設定
  • 事業者名、所在地、クレジットカードの登録
  • 利用規約の確認

これらの入力が全て完了すると審査に入ります。

審査期間は1~2週間となります。

普通に運営しいればほぼ通ると思います。

Amazon Pay手数料

対象

決済手数料

デジタルコンテンツ以外(物理的商品・サービス等)

4%

デジタルコンテンツ

4.5%

これ以外にかかる手数料はありません。公式サイトにも以下のように記載されております。

Amazonにお支払いいただく初期導入コストはかからず、決済手数料のみとなります。

  • 決済手数料:こちらをご参照ください。
  • 初期導入費用:無料
  • 月額費用:無料
  • 取引手数料:不要
  • 振込手数料:無料(お客様への支払いサイクルに関わらず、当社が負担します)

基本的にこれだけで、AmazonPayを導入する事ができます。

あとは自社サイトに組み込むだけです。

もし分からない事があればしっかりサポートも付いているので、気軽に問い合わせる事が出来るので非常に安心です。

 
これであなたのネットショップも充実したサイトになるのではないでしょうか。
是非、AmazonPayを活用してみて下さい。